文房具好きのニッチな日常

写真少なめ文章多めで買った文房具について語ります。

オレンズネロを入手出来なかったものはこれを読んで無念を晴らせ。オレンズネロを酷評する。

はい、前回はペーパーオーのノートについてレビューをしました。かなり時間は空きましたが今回もペーパーオーのノートのレビューを続けて行こうかと思いました。思ったのです。思いはしましたがしかしやる気がなくなったので辞めます。やる気というのは重要です。そしてまた今日もやる気が刺激された出来事について書きます。オレンズネロについてです。今回オレンズネロについて冷静に書きます。賛美はしません。 はい導入文終わり。

f:id:nichelife:20170620205028j:plain

正直言ってオレンズネロには3000円の価値がない。そして今高騰しているだけの6000円ほどの価値は無論ない。はっきり言ってあれは文房具オタクのためのものであり一般人は必要ではない。文房具についてのブログを書いてそしてオレンズネロについて書くような奴は文房具オタクであるのでオレンズネロの評価が上がっているだけだ。あれはオレンズネロという精密な文房具を作るために原価が高くついたのであってらオレンズネロ自体の商品としての価値では決してないのだ。

それではここからは具体的な悪い点をバカスカばかすかと上げて行こうと思うそしてオレンズネロを購入できなかった無念を晴らして欲しい。

オレンズネロのパイプは紙に引っかかってしょうがない。それによってもそれによってものすごく筆記性が悪くなっているのである。書き味がすごく悪い。それもなんというか書き味の楽しさが味わえないといった類のものではない。純粋にストレスが溜まるのだ。ひどい場合だと、例えば紙がわら半紙などのザラザラした紙だと紙を引っかいて破いてしまうこともある。これは悲惨である特にテスト中に紙を引っ掻いて破いてしまった私のようなものは悲惨である。オレンズネロはそのような悲劇を生む。オレンズネロ根絶すべし。

しかしまだこのような悲劇を産まないようにする方法もないではない高級な紙を使えばいいのだ。高級な紙はザラザラしておらず、オレンズネロのパフォーマンスを十全に発揮できる。書き味も革命的に良くなる。オレンズネロの自乗によってさらさらと書けるようになるのだ。特に紳士なノートのさらさらしている方などいい。そしてオレンズネロに対応する良いノートを探し求め1万円以上使い込むことになる私はそうなった。やはりオレンズネロは悪である。

オレンズネロの自動繰り出し機構のメカニカルさに惹かれたのならば、そんなもんパイロットのオートマックに任せておけ。

オレンズネロ所有者のことをオーナーというのも気に入らない。こんなことを言うと酷だが、オレンズネロの0.2ミリの替芯が何十年後もあるとは限らないのだ。今は世間様でも文房具ブームがきており、様々多様な文房具が世に出て採算が取れているが、しかしそれはずっとは続かない。世間様が文房具に飽きた時、そして0.2ミリシャーペンが完全にオタクのものとなった時、オレンズネロの換え芯である0.2mm のシャー芯は、完全に採算が取れなくなるであろう。もしオレンズネロを買うのであれば、せめて0.3mm のオレンズネロにしておけ。

これでオレンズネロのレビューを終わる。一応言っておきたいのが、私はオレンズネロを買って後悔していない。なぜならば私は文房具オタクだからだ。文房具オタクであればオレンズネロに合うノートを考えるのは楽しい。財布の紐もゆるむし、文房具を手にしていると頭もゆるみ楽しい。そしてもう一つ、わざわざ言うことではないが、こんな記事を読んでいるお前も恐らく文房具オタクだということだ。


値段が高騰しており倍ぐらいの値段になっていてアホである