文房具好きのニッチな日常

写真少なめ文章多めで買った文房具について語ります。

A4ノートを使うことについて。

 今まで長いことノートを使ってきましたが、よくよく考えてみるとあまり大きなノートは使ってこなかったように思います。

 小学生や中学生くらいのときは、いわゆるノートといって多くの人が連想するようなKOKUYOだったりのB5ノートを使っていましたし、ノートに目覚めてからも、大体自分で買ってくるのはA6などの小さめのノートで、特に、大きなノートを買ってくることはありませんでした。

 そもそも、大きなノートを使っても書く文字の大きさは同じなのですし、そう大きなノートの必要性なんてないと思っていました。

 ただ、最近A4の大きなノートを買いまして、それで勉強していたりするので、大きなノートの良さも見えて来たので書きます。

 ちなみに買ったA4のノートはpaper ohというブランドのもので、デザインがよかったのでつい買ってしまいました。

 デザインの良さをA4で楽しめているのでそれは良かったです。

 では、A4ノートの魅力について、あくまで個人的に感じたことを書きます。

 まず、A4のノートの良いところは、スペースをどうしても食うというところです。

 いえ、これは一見悪いところのようにも思われるのですが、しかし、そう悪いことばかりでもありません。

 スペースを食うということは、つまり、片付いた机の上でしか拡げられないということです。強制的に机の上のものを片付けざるをえません。

 そのノートを使っている最中は、机の上を、意識せずとも、ペンをほっぽらかしにせずに、常に片付けることができます。

 机の上が片付いているとやはり目の前のことに集中できますし、何より気分がいいですね。

 自分を管理できているかのように錯覚できます。

 また、もう一つの良いところは、ノートのページを一ページ使ったときの達成感です。

 A4のノートは、それを展開した時にはA3のスペースを占めます。それによって、視界の大部分がノートの紙面に占められる訳です。

 この視界一杯のノートに、文字がびっしりと詰められたときの、達成感といったら……格別です。

 特に、英語や数学なんかは「俺は勉学に励んでいるのだ感」がすごく出ます。かっこよい。

 ノートを使いきったときに見返して、英文や数式で溢れていたら、そのノートはすごく素敵な人生を送れていたのだと思います。

 とりあえず今はちまちまと英語の勉強に使っていますが、このA4ノートを使いきった暁には充実感、達成感に浸るのがすごく楽しみです。

 補足と言いますかなんと言いますか、このpaper ohのノートは通販でも売ってるところが見つかりませんでした。リンクを紹介することは出来ません。

 取り合えず、僕はこのノートを東急ハンズで買いました。