文房具好きのニッチな日常

写真少なめ文章多めで買った文房具について語ります。

最安値の金ペン、プラチナ万年筆 デスクペン KDP 3000

f:id:nichelife:20161120113918j:plain

 今日は、プラチナ万年筆のKDP 3000を紹介します。

 このペンは、デスクペン、つまり卓上用のペンとして発売されています。  デスクペンの中にはボールペンタイプのものもありますが、このペンは万年筆タイプです。

 デスクペンと名前がついていますが、単にキャップをお尻につけない万年筆と考えてガシガシ使っています。  キャップをお尻につけなくてもバランスがとれるよう、このような独特な形状をしているんですね。

 プラスチック製の至極シンプルな軸で、中のネジ切りが透けて見えるのがが少し安っぽいですが、実際安いのである程度は仕方ないと思っています。  その値段、3000円です。

 3000円といえば、パイロットのコクーンという万年筆が買える程度ですね。

 パイロットのコクーンと比べると、3000円とはいえ、随分安っぽいと感じると思います。

 しかし、このペンには、コクーンにはない、他の3000円以下の万年筆にはない特長があります。

 それは、ペン先に金(14金)を採用しているということです。

 金のペン先だと柔らかな書き味が味わえ、一生もののお高い万年筆は大概金のペン先を採用しています。

 一方で、国内のものだと一万円より安いもの、海外のものだと二万円より安いものには、殆ど金のペン先は採用されていません。金だとどうしてもコストが高くなってしまうためです。

 一万円より安いもので金ペンである万年筆は、恐らくパイロットのセレモか、プラチナ万年筆の美巧のみだと思います。それらの万年筆でも5000円はします。

 しかしこのKDP 3000では、3000円にして金のペン先を採用しています。  確かにデザインは安っぽいかも知れませんが、そうしてコストを抑え、この価格を実現しているのだと思います。

 最安値の金ペン、KDP 3000、初めての金ペンに、また万年筆が欲しくてしょうがないとき、おすすめです。


プラチナ万年筆デスクペン 万年筆 (ブラック)KDP-3000A-1