文房具好きのニッチな日常

写真少なめ文章多めで買った文房具について語ります。

デルガード タイプERをナガサワ文具センターで入手!

f:id:nichelife:20161022193916j:plain

 デルガードの新しいモデル、タイプER が11月21日に発売されます。

 気になるこのシャーペンが、ナガサワ文具センターで先行発売されるということで、本日ゲットしてきました!

特長

 デルガードといえば芯の折れないことで人気のペンですが、このタイプERは今までのものと何が異なるのでしょうか。

 このシャーペンは、今までのデルガードとは異なる方向、「消す」方向に進化したペンです。

 普通のシャーペンだと、後ろについている消しゴムを出すのに、キャップを外したり、くるくると消しゴムを繰り出す必要があります。

 しかしデルガード タイプERだと、シャーペンをひっくり返すだけで消しゴムが繰り出されます。

 これにより、より素早く消すことが出来るのですね。

使用感

f:id:nichelife:20161022194208j:plain

 このペンの一番の売りである消しゴムの繰り出し、本当にひっくり返すだけで出てきます。便利です。

 現役高校生の立場から見るなら、このペンはテストの時なんかにとても役立つと思います。

 筆箱に入れるためだそうですがクリップもありませんし、やはりこれは学生むけのシャーペンと位置付けられているのでしょう。

 それに、これは芯との相性もあるのでしょうが大変消えやすいです。

 少なくとも、初めから入っていた芯はバッチリ消えます。消えにくいということはありません。

 ただ、購入前に心配していたこともありました。

 ノックボタンに消しゴムのパーツがついているので、消している時にノック部分に力がかかって無駄にノックしてしまうのではないかと少し心配でした。

 僕の場合はそのようなことはありませんでしたが、あまり強くゴシゴシと消すのは良くないかも知れません。

 何度もノックして芯を出しすぎると、芯も折れてしまいますしね。

まとめ

 デルガードの新しいモデルが出る、それもただ高級ラインを出しただけだとか、そう言うことではないということでとても気になっていたシャーペンです。

 消しゴムにこんなにフォーカスしたのは珍しく、画期的とさえ言えるかも知れません。

 購入してみても、期待を裏切らない使用感でした。

 発売日の11月21日を楽しみに、また待ちきれないという場合は、ナガサワ文具センターへ行ってみてはどうでしょう。


ゼブラ デルガード タイプER シャープペンシル 0.5mm (ZEBRA/折れないシャーペン)