文房具好きのニッチな日常

写真少なめ文章多めで買った文房具について語ります。

初めての金ペンにも。廉価な金ペン達

 廉価な万年筆、と聞いて、皆さん何を思い浮かべるでしょう。

 ポップなデザインで一世を風靡したカクノを思い浮かべる人もいるでしょう。

 あるいは、たった200円でスリップシール機構を搭載したプレピーを思い浮かべる人もいるでしょう。

 世には廉価な万年筆が溢れています。
 もうスーパーにも1000円くらいの万年筆が数種類置かれています。
 文房具が特に好きという訳ではない中学生が、色ペンとして万年筆を持っています。

 今は万年筆という世界への門戸が、広く開かれているといえるでしょう。

 そうしてたくさんの人が入門編の万年筆を使っています。
 そして、こうも考えると思います。

「金ペンも欲しなってきたなぁ……」

 金ペン。ペン先が金で出来ており、柔らかな書き味を持ち、万年筆の名前の通り一生使えるペン。

 ですが、金ペンはいかんせん高いものです。そう簡単な買い物ではありません。安いので一万円するくらいです。

 その高さに圧倒され、入門編の鉄ペンとゆるゆると過ごす……。



 …………それでほんまにええんですか。
 鉄ペンも良いものだけど、金ペンを買わない理由にはなりません。
 金ペンを買って、新しい扉を開いて見ませんか。



 今回は、さほど高くない、初めての金ペンをご紹介します。
 既に万年筆の沼にずぶずぶとはまっている人も、是非。物欲を抑える役に立つかもしれません。

パイロット セレモ


パイロット 万年筆 セレモ ブラック FCM-500R-B(5000)

 僕も持っており、ばりばり働いてくれている万年筆です。
 柔らかな書き味で、ちゃんと金ペンです。金ペン然とした金ペンです。
 このペンはロフトなんかでもよく見かけます。
 価格は5000円、カクノ五本分です。

プラチナ万年筆 美巧


プラチナ万年筆 万年筆 美巧 14Kスタンダード PTL-5000A #1ブラック(5000)

 このペンと先に紹介したセレモは見た目がそっくりですね。
 しかし書き味はこちらの方が硬く、しっかりした書き味だそうです。
 価格は5000円、セレモと同じ値段です。

パイロット デスクペン DPー500

 このペンは前に挙げた二本のペンとは違い「デスクペン」です。
 デスクペンとは机上で使うことを想定されたペンのことで、ペンスタンドなんかがあったりします。ホテルなんかでよく見かけるやつです。
 残念なことにこのペンは現在では生産を終了しているそうです。
 ですが、町の小さな文房具屋なんかには在庫が残っているかも知れません。
 価格は5000円です。

プラチナ万年筆 デスクペン KDPー3000A


プラチナ万年筆 万年筆 デスクペン KDP-3000A #1ブラック(3000)

 このペンも先のペンと同じくデスクペンです。
 が、このペンの特筆すべき所はそんな所ではありません。価格です。
 今まで紹介した三本のペンが皆5000円していたのに対して、このペンはその5分の3の価格です。
 3000円です。カクノ3本分の値段です。大丈夫なんでしょうか、採算はとれてるんでしょうか。

 今回は四本の万年筆をご紹介させていただきました。無論、どのペンも金ペンです。
 最後のプラチナ万年筆のデスクペンに関してはまだ語りたいので、今度個別で紹介の記事を書こうと思います。
 ……いえ、今度がいつ来るかは僕にも分かりませんが。



 今回の記事が少しでも皆さんの物欲を刺激できたなら幸いです。
 それでは。