文房具好きのニッチな日常

写真少なめ文章多めで買った文房具について語ります。

花のDKとプレスマンと

 この間の4月から高校生。いわゆる花のDK(男子高校生)というやつです。

 高校生になっても、やはり気になるのは文房具のこと。クラスメイトはどのようなシャーペン(あるいはボールペンなんかも)使っているのでしょう。

 とても、とても気になります。

 何せ、文房具は学生の仕事道具(仕事じゃあありませんが)。ガシガシ使われている筆記具というのは、道具としての味がにじみ出てきます。例えそれが百均のシャーペンであってもです。
 そこで、クラスメイトの筆記具を覗き見ていたのですが……。

 クルトガ
 クルトガクルトガ
 右も左もクルトガ
 これほぼ全員クルトガ持ってんちゃうか。

 クルトガが悪いワケでは無論無いし、僕だってクルトガ、結構思い出のあるシャーペンなのですが。
 それにしたって、いかんせん、多すぎやしませんか。クルトガ大旋風です。

 製図用シャープはいねがぁぁ、2㎜芯シャープはいねがぁぁ。
 と、呻きながら教室をうろつく不審者ひとり。

 そんな所に、一筋の光が射し込んできました。いえ、一本のシャーペンの話なのですが。
 200円で買える0.9㎜の実直なシャーペン。鉛筆感覚で使える軽量ボディのあいつです。

 プレスマン。プレスマンを使ってる人がいたんです。

 うんうん、いいですよね、プレスマン----と、言いたいのですが。実はプレスマンを一本も持っておりませんで。

 いいなぁ、プレスマンいいなぁ。と今日も文房具に恋にも似た思いを馳せるのでした。


プラチナ・シャープペンシル 「プレスマン」 [合計300円(税別)からメール便にて送料無料]