文房具好きのニッチな日常

写真少なめ文章多めで買った文房具について語ります。

オレンズネロを入手出来なかったものはこれを読んで無念を晴らせ。オレンズネロを酷評する。

はい、前回はペーパーオーのノートについてレビューをしました。かなり時間は空きましたが今回もペーパーオーのノートのレビューを続けて行こうかと思いました。思ったのです。思いはしましたがしかしやる気がなくなったので辞めます。やる気というのは重要です。そしてまた今日もやる気が刺激された出来事について書きます。オレンズネロについてです。今回オレンズネロについて冷静に書きます。賛美はしません。 はい導入文終わり。

f:id:nichelife:20170620205028j:plain

正直言ってオレンズネロには3000円の価値がない。そして今高騰しているだけの6000円ほどの価値は無論ない。はっきり言ってあれは文房具オタクのためのものであり一般人は必要ではない。文房具についてのブログを書いてそしてオレンズネロについて書くような奴は文房具オタクであるのでオレンズネロの評価が上がっているだけだ。あれはオレンズネロという精密な文房具を作るために原価が高くついたのであってらオレンズネロ自体の商品としての価値では決してないのだ。

それではここからは具体的な悪い点をバカスカばかすかと上げて行こうと思うそしてオレンズネロを購入できなかった無念を晴らして欲しい。

オレンズネロのパイプは紙に引っかかってしょうがない。それによってもそれによってものすごく筆記性が悪くなっているのである。書き味がすごく悪い。それもなんというか書き味の楽しさが味わえないといった類のものではない。純粋にストレスが溜まるのだ。ひどい場合だと、例えば紙がわら半紙などのザラザラした紙だと紙を引っかいて破いてしまうこともある。これは悲惨である特にテスト中に紙を引っ掻いて破いてしまった私のようなものは悲惨である。オレンズネロはそのような悲劇を生む。オレンズネロ根絶すべし。

しかしまだこのような悲劇を産まないようにする方法もないではない高級な紙を使えばいいのだ。高級な紙はザラザラしておらず、オレンズネロのパフォーマンスを十全に発揮できる。書き味も革命的に良くなる。オレンズネロの自乗によってさらさらと書けるようになるのだ。特に紳士なノートのさらさらしている方などいい。そしてオレンズネロに対応する良いノートを探し求め1万円以上使い込むことになる私はそうなった。やはりオレンズネロは悪である。

オレンズネロの自動繰り出し機構のメカニカルさに惹かれたのならば、そんなもんパイロットのオートマックに任せておけ。

オレンズネロ所有者のことをオーナーというのも気に入らない。こんなことを言うと酷だが、オレンズネロの0.2ミリの替芯が何十年後もあるとは限らないのだ。今は世間様でも文房具ブームがきており、様々多様な文房具が世に出て採算が取れているが、しかしそれはずっとは続かない。世間様が文房具に飽きた時、そして0.2ミリシャーペンが完全にオタクのものとなった時、オレンズネロの換え芯である0.2mm のシャー芯は、完全に採算が取れなくなるであろう。もしオレンズネロを買うのであれば、せめて0.3mm のオレンズネロにしておけ。

これでオレンズネロのレビューを終わる。一応言っておきたいのが、私はオレンズネロを買って後悔していない。なぜならば私は文房具オタクだからだ。文房具オタクであればオレンズネロに合うノートを考えるのは楽しい。財布の紐もゆるむし、文房具を手にしていると頭もゆるみ楽しい。そしてもう一つ、わざわざ言うことではないが、こんな記事を読んでいるお前も恐らく文房具オタクだということだ。


値段が高騰しており倍ぐらいの値段になっていてアホである

paper ohのノートについて、paper branksとの比較。

 A4ノートの記事でも書きましたが、paper ohのノートを買いました。使っていると良いところ悪いところが見えてきましたので書きます。

 paper ohというブランドについて話します。

 paper oh、と言うと中々知名度も低く、あまり普及していない印象があります。

 paper ohと検索してみても、あまりヒットしません。個人のブログなんかでpaper ohについて書いているのは特に少ない印象を受けます。

 その為、紙質はどうだとかで買うのを迷うかも知れません。知名度の低いモノを買うのはいつでも冒険です。

 ただ、このノート、実はpaper blanksを出しているところと同じメーカーが出しています。紙質はそれと同じです。

 paper branksと言うと、まだpaper ohと比べると知名度はあるのではないでしょうか。

 paper branks、というブランド名を知らなくても、見かけたことはあると思います。

 昔の小説風の表紙で、かなりがっしりしたノートですね。

 このノートは大きい文具屋だと大抵取り扱っているので、見たことがあるかたも多いと思います。

 では、paper branksとpaper ohの違いを書きます。

 まずその最たるものは、デザインの方向性の違いです。

 paper branksはどちらかというと、古いものの魅力を全面に押し出したデザインです。昔の小説の優れた表紙を、現代に合うようにブラッシュアップしてノートの表紙にしています。

 対して、paper ohのデザインは、新しく、ポップなものの魅力を押し出しています。

 色使いがビビッドであったり、単純な柄を繰り返す模様を使うことで、シンプルながらも鮮烈な印象を与えるデザインになっています。

 また、これも広い意味ではデザインに入るのかも知れませんが、ページ数が違います。

 paper branksはページ数を多くして重厚なイメージを作り出しています。

 それとは反対に、paper ohのノートは、ページ数を少なくして、軽快な感じを出しています。

 まあ、ページ数が少ないとは言っても、KOKUYOやツバメノートなどのいわゆる大学ノートに比べれば多くのページ数があるわけですが。

 ページ数が少ないということはノートが薄いと言うこと、ノートが薄いと言うことは取り回しが良いということです。

 また、値段の面でも、ページ数が少なければ少ないほど、安く、手軽に買えることになります。

 ただ、このpaper ohというブランド自体かなり値段こいたブランド、もとい、高級なブランドなので、それでも決して手軽ではありませんけれどね。

 paper branksと比べれば、という話です。

 まあ、paper oh単体で見たときには、財布に大きな打撃を与える存在ですよね。

 paper ohのノートをもし買うときには、paper branksのノートを見て感覚を鈍らせておくと良いです。

 ここまで書いて、すっかりpaper branksとの比較になっていたので、今回はpaper branksとpaper ohを比較して、ということにします。

 paper oh単体で見たときの使用感については、また次回に。


これがpaper branks。高い。


これがpaper oh。paper branksに比べれば安い。だが高いものは高い。

A4ノートを使うことについて。

 今まで長いことノートを使ってきましたが、よくよく考えてみるとあまり大きなノートは使ってこなかったように思います。

 小学生や中学生くらいのときは、いわゆるノートといって多くの人が連想するようなKOKUYOだったりのB5ノートを使っていましたし、ノートに目覚めてからも、大体自分で買ってくるのはA6などの小さめのノートで、特に、大きなノートを買ってくることはありませんでした。

 そもそも、大きなノートを使っても書く文字の大きさは同じなのですし、そう大きなノートの必要性なんてないと思っていました。

 ただ、最近A4の大きなノートを買いまして、それで勉強していたりするので、大きなノートの良さも見えて来たので書きます。

 ちなみに買ったA4のノートはpaper ohというブランドのもので、デザインがよかったのでつい買ってしまいました。

 デザインの良さをA4で楽しめているのでそれは良かったです。

 では、A4ノートの魅力について、あくまで個人的に感じたことを書きます。

 まず、A4のノートの良いところは、スペースをどうしても食うというところです。

 いえ、これは一見悪いところのようにも思われるのですが、しかし、そう悪いことばかりでもありません。

 スペースを食うということは、つまり、片付いた机の上でしか拡げられないということです。強制的に机の上のものを片付けざるをえません。

 そのノートを使っている最中は、机の上を、意識せずとも、ペンをほっぽらかしにせずに、常に片付けることができます。

 机の上が片付いているとやはり目の前のことに集中できますし、何より気分がいいですね。

 自分を管理できているかのように錯覚できます。

 また、もう一つの良いところは、ノートのページを一ページ使ったときの達成感です。

 A4のノートは、それを展開した時にはA3のスペースを占めます。それによって、視界の大部分がノートの紙面に占められる訳です。

 この視界一杯のノートに、文字がびっしりと詰められたときの、達成感といったら……格別です。

 特に、英語や数学なんかは「俺は勉学に励んでいるのだ感」がすごく出ます。かっこよい。

 ノートを使いきったときに見返して、英文や数式で溢れていたら、そのノートはすごく素敵な人生を送れていたのだと思います。

 とりあえず今はちまちまと英語の勉強に使っていますが、このA4ノートを使いきった暁には充実感、達成感に浸るのがすごく楽しみです。

 補足と言いますかなんと言いますか、このpaper ohのノートは通販でも売ってるところが見つかりませんでした。リンクを紹介することは出来ません。

 取り合えず、僕はこのノートを東急ハンズで買いました。

セーラー G-FREE

セーラーから出ている、低粘度ボールペン、G-FREE。

セーラーの謳っている、重力をコントロールする謎パワーはありませんが、案外使いやすかったので二本目を買いました。

今回はこのボールペンを紹介します。

このボールペンは低粘度ボールペンだと先ほど言いました。しかし、低粘度ボールペンとして、インクそのものに目新しい(手新しい?)書き心地の良さはありませんでした。

低粘度でない、普通の油性ボールペンと比べると、確かに引っ掛かりは少ないです。

ただ、ジェットストリームビクーニャ等の低粘度ボールペンの先駆けと比べると、やはりインク自体の書き味は劣ります。

G-FREEのラインナップにはボール径が0.7mmの物しかなく、正確な比較はできませんでしたが、大体、書き味はOHTOの油性ボールペンより、少し引っ掛かりを強くした感じに近いでしょうか。

旧油性ボールペンと、低粘度ボールペンの間ぐらいのインクです。

ただ、このボールペンのウリは、インクではありません。

このボールペンの最大の長所、というか、セールスポイントは、筆圧アジャスターという機構を搭載していることです。

筆圧アジャスターとは、筆圧をバネのクッションである程度吸収し、書き味を良くする機構、なのだそうですが……。

それをセーラーでは「重力を自由自在にコントロールする」だの「宇宙空間を駆け抜けるような心地よさ」だの言っています。

そこまでの表現は大袈裟を通りすぎて誇張に近しい程ですが、しかし筆圧アジャスター自体は使いようによって書き味がとても向上する物でした。

ここで外観を描写します。

まず一本目、青みのはっきりとした、クリアではないほうのブルー(これをセーラーはEarth、つまり地球と呼称しています)の外観から。

このボールペンは一色で塗り潰したような、一様な青ではありません。

近くで見ると良くわかりますが、青のなかに細かなラメが入っています。

そこまで目立つわけではありませんが、主張し過ぎてうるさくなることもありません。

波のような線の模様も入っています。

恐らく、ラメと合わせて、波のたゆたっている所に、陽の光が反射している様子をイメージしているのでしょう。

三百円でこれなら、結構手が込んでいます。

カラーバリエーションも豊富(八色の軸色があります)なので、デザインにも力を入れているのかもしれません。

また、これは二本目も同じですが、軸のノック部に近い部分が、ほんの少しだけふくれています。

ここに、件の筆圧アジャスターという機構が仕組まれているのでしょう。

ただ、観察してみないと気付きにくいくらいの膨らみです。邪魔にはなりません。

次に二本目の外観です。

二本目に買ったG-FREEの軸色はクリアネイビー、だと、思って私は買いました。

ただ、家に帰ってよくよく見てみると、グリップから上はネイビーなのですが、グリップを含めて下は色が違うようです。

公式サイトで確認してみると、グリップ以下の部分は、クリアネイビーではなくクリアブラックでした。

誰かのイタズラか、不良品なのかはわかりませんが、家に帰るまで気が付かなかったのでよしとします。

そもそも、クリアブラックとクリアネイビーはそれぞれ、スペースブラック、スペースネイビー、と公式サイトでは呼ばれています。

宇宙空間の深い黒、深い青をそれぞれイメージしているので、上手くフィットしているのでしょう。

それはともかくとして、二本目のG-FREEは、光によって印象を大きく変えます。

室内の、LEDやら蛍光灯などの、白い、そしてそれほど強くない光の元では、青はあまり引き立たず、黒の印象が強くなります。

万年筆のブルーブラックインクより、さらに黒を強くしたような色味です。

その深いネイビーの中にも、強く光の当たる部分があるのか、角度によって細く青い線が走ります。

教室の中の陽光など、光が強くなると大きく色味が変わります。

黒が沈んで青みが強く浮き上がり、透明感のある青色になります。

また、光で内部が透けて見え、ねじ山の横縞、インクのリフィル、複雑な機構が、海に沈めたように青みがかって見えます。

私のもっている、ブラックとネイビーが雑ざったような一本では黒いグリップが全体の印象を引き締めます。

普通の、まともなネイビーではどのようなのか、興味をそそられます。

さて、複雑な機構が透けて見えたので、ここからは筆圧アジャスター機構を観察して行きます。

通常のボールペンのノックの機構は、プラスチックのノック部から直接インクのリフィルに直に力が伝わるように接触し、繋がっています。

ただ、G-FREEの場合は、ノック部から一旦バネをはさみ、それからプラスチックの部品があり、リフィルに接触しています。

ノック部からリフィル、また、リフィルからノック部への力をバネが吸収するのですね。

当然ボールペンのチップ、紙面に触れる部分もリフィルの一部です。そのため、チップにかかった筆圧をバネが吸収して、柔らかい書き味になる、ということだと思います。

G-FREEのノック部は、筆圧アジャスターをどれだけかけるか、それを調節するためのツマミにもなっているそうです。

見てみると、黒いノック部には矢印が彫られており、矢印が指しているところによって、筆圧アジャスターがどれだけかかっているのか判断出来ます。

ノック部兼調節ツマミを時計回りに回すと、筆圧アジャスターの効果が弱くなり、反時計回りに回すと、筆圧アジャスターの効果が増します。

この時、時計回りに回す場合より反時計回りに回す場合、つまり筆圧アジャスターの効果を強める時より弱める時の方が、ツマミがすんなり回りました。

これはどういうことだろうと機構を見てみます。

ツマミを時計回りに回す場合はカチカチとノック部が内部で伸び、下に下がってきます。それでバネが圧縮されました。反時計回りはその逆です。

バネが圧縮されると反発は強くなり、筆圧を吸収しにくくなり、バネの圧縮を緩めると反発が弱くなり、筆圧を吸収しやすくなる、という訳ですね。

これで、筆圧アジャスターを弱める時の方がすんなりツマミが回る理由もわかりました。

強めるときはバネを圧縮するための力が必要で、弱めるときは逆にバネから力を受けられるからですね。

機構についての観察が概ね終わったので、次は肝心の書き味です。

正直なところ、普段ノートなどに筆記している時に、劇的に書き味が向上したかと言われると、そうではありません。

使うにつれ、それなりに滑らかでダマもあまり出ないインクのバランスの良さは目立ってきました。

しかし、筆圧アジャスターの効果は、そこまで体感できませんでした。

(無論、体感できない疲れが低減しているかもしれませんが)

ただ、筆圧アジャスターによってかなり書き味が良くなったことが感じられる場面もありました。

それは、コピー用紙を机に直接置いて、それに筆記する場面です。

そのような場面では、硬い机にペンの先がほとんど直接当たります。間には紙一枚しかありません。

そのため、通常のボールペンでは、ペンの当たりが「かつん」と感じられるくらいに、当たりが硬くなります。

書き味も悪くなりますし、疲れます。

その時に、G-FREEで、筆圧アジャスターをかなり効かせると、ペンの当たりが柔らかなものになります。

机に直接紙を置いて筆記するような場面では、G-FREEの書き味に劇的な向上が見られました。

ルーズリーフ派の人にはG-FREEはとても役立つものになるでしょう。

ちなみに、私は一本目のG-FREEにOHTOの油性リフィルを入れています。

このリフィルと同じ径のリフィルは、多機能ペンなどによく使われています。

そのため、引っ掛かりをセロハンテープで作り、長さを揃えると、結構色々なリフィルが入り、可能性が広がります。


セーラー万年筆 G-FREE

エルバン コンバータ付き万年筆

 また新たな万年筆を買ってしまいました……。

f:id:nichelife:20161206123003j:plain

 エルバンのコンバーターつき万年筆です。

 インクは色彩雫の紅葉ですね。スケルトンのボディに赤がよく映えます。

 実はスケルトンの万年筆を買ったのはこれがほぼ初めて(プレピーはスケルトン、という雰囲気でもないですしね)。

 インクをいれるとこんな風になるのかと楽しんでいます。

f:id:nichelife:20161206123007j:plain

 キャップを開けたところ。

 紅葉を吸わせている理由ですが、単に万年筆で赤ペンを使いたかったからです。

 高校生だと赤をことあるごとに使いますが、それだけよく使うのならば赤ペンにも拘ってみようと思ったのです。

 家にある万年筆に紅葉を吸わせてみようとも思ったのですが、万年筆然とした黒に金のボディから赤インクが出てくるのを想像すると、少し違和感を感じてしまいまして。まあ、これも慣れなのでしょうけれど。

 そうしてちょうどいい万年筆を探していたら、この万年筆が見つかった訳です。

 この万年筆だと最初からコンバーターもついていて、それに赤の映えそうなスケルトンだったので、悩んだ末に結局買いました。

 しばらくはこの万年筆と仲良くやっていきます。


エルバン コンバーター付 万年筆 スケルトン HB22000【ネーム入れ不可】(1500)


パイロット ボトルインク 色彩雫(いろしずく) iroshizuku mini 3色セット(15ml×3) INK-15<色雫>【ネーム入れ不可】(2100)

剣聖宮本武蔵という肥後守

 先日、剣聖宮本武蔵という肥後守を買いましたので、ご紹介したいと思います。

f:id:nichelife:20161129075122j:plain

 肥後守というのは所謂和製ナイフで、昔はこれで皆鉛筆を削ったりしていたそうです。  ただ、今では肥後守は商標に登録されていて、このナイフは正確には肥後守ではなく、肥後ナイフというらしいですがね。まあ、同じものです。

f:id:nichelife:20161129075132j:plain

 鉛筆を削った所。

f:id:nichelife:20161129075139j:plain

 どうしてこんなものを買ったのかと言うと、最近鉛筆にはまっているからです。

 鉛筆は意外と太い細いの違いがあったりするので、通常の鉛筆削りでは対応出来ないものもあります。

 そこで、もっと鉛筆の選択の幅を広げる為に、この肥後守を買ったという訳です。

 まだ家にある鉛筆を削ってみただけなので、鉛筆削りで削れないものは削っていませんが、これからが楽しみです。

 四角い鉛筆なんかも買ってみますかね。


安いものだとワンコインちょいで買えます。

最安値の金ペン、プラチナ万年筆 デスクペン KDP 3000

f:id:nichelife:20161120113918j:plain

 今日は、プラチナ万年筆のKDP 3000を紹介します。

 このペンは、デスクペン、つまり卓上用のペンとして発売されています。  デスクペンの中にはボールペンタイプのものもありますが、このペンは万年筆タイプです。

 デスクペンと名前がついていますが、単にキャップをお尻につけない万年筆と考えてガシガシ使っています。  キャップをお尻につけなくてもバランスがとれるよう、このような独特な形状をしているんですね。

 プラスチック製の至極シンプルな軸で、中のネジ切りが透けて見えるのがが少し安っぽいですが、実際安いのである程度は仕方ないと思っています。  その値段、3000円です。

 3000円といえば、パイロットのコクーンという万年筆が買える程度ですね。

 パイロットのコクーンと比べると、3000円とはいえ、随分安っぽいと感じると思います。

 しかし、このペンには、コクーンにはない、他の3000円以下の万年筆にはない特長があります。

 それは、ペン先に金(14金)を採用しているということです。

 金のペン先だと柔らかな書き味が味わえ、一生もののお高い万年筆は大概金のペン先を採用しています。

 一方で、国内のものだと一万円より安いもの、海外のものだと二万円より安いものには、殆ど金のペン先は採用されていません。金だとどうしてもコストが高くなってしまうためです。

 一万円より安いもので金ペンである万年筆は、恐らくパイロットのセレモか、プラチナ万年筆の美巧のみだと思います。それらの万年筆でも5000円はします。

 しかしこのKDP 3000では、3000円にして金のペン先を採用しています。  確かにデザインは安っぽいかも知れませんが、そうしてコストを抑え、この価格を実現しているのだと思います。

 最安値の金ペン、KDP 3000、初めての金ペンに、また万年筆が欲しくてしょうがないとき、おすすめです。


プラチナ万年筆デスクペン 万年筆 (ブラック)KDP-3000A-1